Xperia AX SO-01Eのおサイフケータイ機能(FeliCa/NFC)の不具合のその後

Posted on 01/27 ( 2013 ) by

前回は、Xperia AX SO-01E おサイフケータイ機能(FeliCa / NFC)の不具合について調べてみました。

 

やはり私の環境でも、/NFCの不具合やスリープ死は発生しました。正直この頻度であれば「リコール」するべきであろうとおもいます。感度面では、正常に動作していたXperia SXと大差ありませんでした。

 

この事からも「かざし方」の問題で済ましている公式発表には違和感を感じています。

 

 

 

あれから、Docomoショップへ

docomoショップで状況を説明すると、即時交換処理となったのです。その後実はピタッと症状がでなくなりました。

 

 

一般的に「個体差」と呼ばれているのはこの事か?とも思いましたが、どうやら違うようです。

 

なぜそう思ったかというと明らかにこの2つの製品受け取り時に違いがありました。

 

A:私の最初に買ったXperia AX

・製造は2012年11月

・Xperiaのシステムアップデート適用前状態

 

 

B:新しいXperia AX

・製造は2013年1月

・Xperiaのシステム最新アップデート適用済み状態

 

もしかして、上書きアップデートじゃ問題を残してしまうのでは?パッチじゃなくてフルワイプ(全消去)状態でROMごと書き換えてしまっていれば解決する問題だったのではないか。と疑問が残る結果となりました。

8414035538_f34482c065

8416754106_fb18864bd4

 

 不具合は治ってしまったのか?

使って1周間たちますが、どのリーダーライタでも問題は起きていません。もしこれがハードウェア的な個体差なのだとすれば、それは個体差で済まない「只の不良です」

 

 

 

もし、不良が出ているユーザがいるとしたら迷わずdocomoショップに相談しにいくべきだと思います。

地方のdocomoショップは、真摯に対応してくれない場合が多かったりします。その場合は別店舗にいきましょう。

 

 

ユーザ側で声をあげなければ、今回のように十分にテストされず出荷されるようなことが出てきてしまいます。ソニーが好きなら、声をあげ。ソニーが嫌いでも、声をあげましょう。

 

 

※ただし不具合出てないのに、声をあげる必要はないですしプリインストールアプリをむやみやたらに無効にしている人はそれが問題になっている可能性がありますから気をつけてください。

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

Leave a Reply