[レビュー]Aterm WR8175N は安い割によく飛ぶ

Posted on 02/21 ( 2013 ) by

我が家ではバッファロー製のWZR-300HPが稼働していた物の、実際の通信速度に満足できずNEC製AtermWR9500Nを購入しました。一般的な2.4Ghz帯と5Ghz帯に対応しており通信速度に関しても満足できる無線LANルータに出会えたのは久しぶりで通信の詰まりも、だいぶ解消しました。

 

 

 

しかしWR9500Nは、おおよそ9000円程度と高価である為。人には進め難く。つい先日も友人の誕生日に招かれ無線LANの不調を訴えられた時「WR9500N」を紹介したところ

 

 

 

 

たっけええな。プラネックスの奴にしよっかな

と一蹴りされてしまいました。

では低価格帯のWR8175Nはどうだろうか?2.4Ghz帯のみだが3500円程度と安価であるし、形状的にWR9500Nと大して違いは無い。おそらく5Ghz帯の機能部分を取り払っただけなのだと思う。これで同等の出力が出るようであれば、無線LANにそこまでお金を出せないわ。というご家庭にもオススメできるはずだ。

 

パッケージ外観

DSC00193.JPG

中身

 

 

DSC00194.JPG

 

・説明書とCD-ROM

・台座

・本体

・ACアダプタ

・短いLANケーブル

 

WR9500Nと外観比較

DSC00195.JPG

DSC00196.JPG

 

 

電波比較

Screenshot_2013-02-10-16-59-44

[左の大山がWR9500N、右の大山がWR8175Nだ。どちらも電波強度は高い]

 

Wi-Fi スキャン 接続 繰り返す 繋がらない としたら」という記事で紹介した通り、2.4Ghz帯が既に混み合っている場合は5Ghz帯も対応しているAtermWR9500Nをオススメしたい。しかし2.4Ghz帯ではWR9500Nと同じくらい、飛んでくれる。(電波がね)

 

 

 

お財布に余裕がある人はWR9500N。気軽に導入しつつも快適に使いたい人はWR8175Nをオススメしたい。

ちなみに、今まで無線LAN APは

・コレガ1機種

・プラネックス3機種

・バッファロー6機種

 ・ 2機種

試してきたが、安定性と速度の安定感はNECのAtermWR9500Nが最も安定していると感じている。もちろん今後も各社より良い無線LAN APが出てきてくれる事に期待したい。

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

Leave a Reply