錆びない 可愛い 物干し竿 を購入したのでレビュー。

Posted on 06/22 ( 2013 ) by

一人暮らし・二人暮らし・家族暮らし、どんな状況でも洗濯をすると思います。賃貸物件の場合は物干し竿が取り付けられておらず

 

 

上京した私のようなタイプはホームセンターか近くのドラッグストアなどで物干し竿を購入したりするんですが・・・

 

 

 

市販されている適当な物干し竿は、最初のうちは確かにふつうに使えるんですが歪んできたり、「錆汁(さび・・じる・・)」によって

 

 

 

 

「お気に入り」の洋服をいつのまにか、汚してしまうことが多々あり正直困りながら交換してました。

 

 

なにこの竿ふざけてんの!?(@益@.:;)ノシ

 

 

 

竿に悪意しか感じられないくらい、錆汁はたちがWARUI

 

 

この問題を解決できないまま5年間に3本くらい竿を変えていたんですが、さすがに同じような過ちを繰り返すのに飽き飽きしていたので、今回は錆びない物干し竿を購入することにしました。

 

 

 

ただ仕入れて売っているだけの、店舗だとおそらく製品のフィードバックが遅いでしょうし進化が感じられないので今回は物干し竿自体をつくって売っている会社を検索しました。

 

 

 

 

金属加工しているメーカーが直接売っていて

 

丈夫さを説明する際に子供を竿に、またがせるなど「アットホーム感」が漂う。

非常に中小企業感を感じさせてくれるメーカーを発見したのでさっそくぽち。(個人的には大手より中小企業のほうが信頼できます。)

 

 DSC00589.JPG

外観

写真をみるとわかると思いますが、フチのキャップカラーを選ぶことができるので「ポップな印象」です。

またアルミながら、アルマイト加工されているのでアルミ独特の安っぽさはありません。

 

 

機能性

物干し竿って基本的にただの棒なので「機能性」ってないだろ!?と思うかもしれません。この棒は優秀です。ちゃんとハンガーにかけたシャツ単体を干しても大丈夫なように、かけ穴があいてます。棒にふつうにかけるより風にとばされて落下する可能性を減らせます。また伸縮は両側調整可能ですので、かける場所がかたよったりもしませんね。

hang-img

 DSC00590.JPG

DSC00587.JPG

丈夫さ

市販の物干し竿に比べ、強度はだいぶありそうです。(硬いという意味ではありません。)実は設置する際に2階からうっかり落としてしまったんですが破損することはありませんでした。前の市販物干し竿はふつうに床に落下させた時に凹みがでていたので強度は、今回の製品は大丈夫そうですね。

 

 

 

錆、腐食対策

物干し竿って結局どこが錆びるっていうと延縮タイプの場合「結合部」から錆汁が大量にポタポタしはじめます。雨だろうが、晴れだろうがポタポタしてくるのでたちが悪いのですが今回は錆びない物干し竿その点は安心ですね。

 

ただし、延縮する点から考えても「結合部」からの水の進入はそのままでは回避できません。これは憂慮すべき問題です。この点は対策するとより製品寿命をアップさせることができるでしょう。

 

 

忍び入る水対策

よくSM調教用に・・・違います。よく水回りの水漏れ防止などにも使われる自己融着テープを購入し結合部をぐるぐる巻きにしてみました。これで結合部の隙間から水が進入することは無さそうです。

DSC00591.JPG

 

 

購入メーカーの対応に関して

実は購入時に、ちっちゃいサイズを購入してしまいまして「ちゃんと物干しかけの寸法はかるんだった・・・これ交換できないだろう・・」と後悔してたんですが、メールしてみるとちゃんと交換対応してくれることに(ホッ

 DSC00592.JPG

 

メール自体は、だいぶ素っ気ない印象でしたがお心遣いが非常によい職人の会社という感じで助かりました。

物干し竿などの製品は長さが長いので配送業者が取り扱ってくれない可能性もありますので購入時はちゃんと寸法計ってくださいね。おバカな私のようにならないためにも・・・

 

 DSC00593.JPG

 

今回は非常によい買い物ができました。またオススメの製品を見つけたらご報告しますね。

また、どんな物干しざおを買ったとしても落下防止のストッパーは購入することをおススメします。

 

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

Leave a Reply