Andorid ThinkPad Tablet 1838CTO Root化 (Root 権限 取る)方法が公開された。

遂にThinkPad TabletのRoot化方法が公開された。XDA等でもちょこちょこ話は出ていたものの、ThinkPad TabletでRoot化する利点が感じられなかった私は試すに至らなかった。( 4.0へのアップデートが公式的に約束されている中、Root化する事でアップデート提供を受けられないなどあっては困るからだ)

 

 

しかしながら、Root化で受けられる恩恵がないわけではない。Root化する事で便利になる事は多いのだ。しかし故障しても何しても自己責任だ。

 

 

 

さあ、方法だが

2012年1月22日にDan RosenbergさんのBlogで公開されている。

http://vulnfactory.org/blog/2012/01/22/rooting-the-thinkpad-tablet/

また元となったフォーラムも貼り付けておこう。(彼等の様な技術者への寄付もお忘れ無く)

http://thinkpadtabletforums.com/thinkpad-tablet-root-hacks-mods-and-development/complete-setup-guide-android-sdk-and-adb/

 

 

今の所Windows パソコンを持つユーザのみ対応のようだ。

方法は以下の通り

  1. 最新のADBドライバをWindows PCにインストールする。(参考サイト)(キャッシュ)
  2. ThinkPad Tabletの設定 → アプリケーション → 開発 →  USBデバッグにチェックを入れる。
  3. Root化する為のWindows用ソフトウェアをダウンロードし、解凍する。(キャッシュ)
  4. ThinkPad TabletとWindows PC間をUSBケーブルで接続する。
  5. ThinkPad TabletがWi-fiに繋がっている事を確認する。
  6. ThinkPad Tabletの画面ロックが外れている事を確認する。
  7. Windowsのデバイスマネージャを開き、ThinkPad Tabeletを選択しドライバの更新を行う。この時に指定するのが1のADBドライバ。
  8. ThinkPad TabletがADBデバイスとして接続されているか確認する。
  9. 3でダウンロードし解凍したフォルダを開き、「run.bat」を実行する。

 

素晴らしい簡単さ。これでRoot化され、アプリケーションの中にSuperuser がある事も確認できるだろう。私はまだRoot化する気はないが(メリット的な意味合いで)Root化によってやりたい事があるユーザは上記の方法を試してみると良いだろう。

 

 

しかし、Root化はいばらの道。何かあっても誰も責任などとれない事だけお忘れ無く。

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。