On-Lap 2501M レビュー Photo Review HDMI MHL正式対応 バッテリ搭載HDMIモニタ 

テックウインドからGeChic製のHDMIモバイルモニタ「On-Lap2501M」の日本発売が決まりました。今回のHDMIはなんちゃってHDMIじゃありませんよ。(DVI->HDMIでない)

それを確認する為にも、フォトレビューを行っていきたいと思います。前回のDVI->HDMIモニタであったOn-Lap1302で表示不可だったThinkPad Tabletなどの端末もHDMI正式対応で表示可能になりましたよ。

 

 

ここでは主に画像を掲載したいと思います。

 

 

自由に写真だけ閲覧したい人は「On-Lap2501M Review Set」を参照してください。

仕様などを確認には 「On-Lap2501M 速攻レビュー HDMI MHL正式対応 バッテリ搭載HDMIモニタ 仕様比較編」を参照してください。

別途短期使用での評価などを掲載予定です。

 

 

公式画像

2501M with cover2501M with digital camera 22501M with digital camera2501M with PS32501M with smartphone 22501M with smartphone2501M-12501M-22501M-32501M-42501M-52501M-6

付属品一覧(ケーブル端子形状)

R0012783.JPGR0012782.JPGR0012792.JPGR0012788.JPGR0012794.JPGR0012882.JPGR0012880.JPGR0012881.JPGR0012879.JPG

 

スマホとMHLで接続(Docomo Xperia SXを接続)

R0012828.JPGR0012824.JPGR0012826.JPGR0012832.JPGR0012834.JPGR0012836.JPGR0012830.JPGR0012829.JPG

 

 タブレットとHDMIで接続(On-Lap1301・1302では表示不可だったThinkpad Tabletで確認)

R0012857.JPGR0012855.JPGR0012853.JPGR0012852.JPGR0012858.JPG

 

パソコンとVGAで接続(ThinkPad T420sと接続 T420sは1600 * 900)

R0012869R0012870.JPGR0012868.JPGR0012867.JPG

 

操作パネルで何が設定できるか?(ちなみにタッチパネルの感度はOn-Lap1302に比べものにならないくらい敏感になりました。)

R0012849.JPGR0012848.JPGR0012847.JPGR0012846.JPGR0012845.JPGR0012844.JPGR0012843.JPGR0012842.JPGR0012841.JPGR0012840.JPGR0012839.JPGR0012838.JPG

 

外観(大きさ・薄さ等)

R0012876R0012873.JPGR0012823.JPGR0012822.JPGR0012816.JPGR0012814.JPGR0012813.JPGR0012804.JPG

 

別売りのカバーの色味(付属品は黒、フィルムはがしてません。)

R0012820.JPGR0012819.JPGR0012818.JPGR0012817.JPG

 

 

PCとUSB一本で接続できる便利な14型ThinkVision LT1421との大きさ比較

R0012807.JPGR0012806.JPGR0012876

 

 

0A33956 ThinkPad Tablet ドック Androidタブレットの microUSB端子は頼りない 充電遅い

ThinkPad Tablet (Android)ユーザなら、おそらくこの痛みを理解して頂けるだろう。

なぜ10インチという大柄な筐体なのに、しかもフルサイズUSBが側面に1ポートついてるにも関わらず充電端子がmicroUSBなのだ!!と

R0011084.JPG

(画像中央のちっこい端子が充電用microUSB端子、右がminiHDMIです。)

 

しかも、この充電時間の長い事長いこと・・・・

業務用を想定したThinkPadブランドで出している製品とは思えない程の不安感。

 

 

「我々に、もう選択肢はないのか」

 

 

 

いえ、ありました。

充電スタンドが!!

 

R0011094.JPG

0A33956 ThinkPad Tablet ドック

 

まず、全体を写真で確認して行きましょう。

R0011081.JPG

ドックとX61やX200シリーズなどで使われている60W ACアダプターが付属していました。

 

R0011085.JPG

正面

 

R0011089.JPG

背面

左から、microUSB端子,マイク,スピーカ,60W ACアダブター差し込み穴

 

R0011086.JPG

右側面

 

R0011087.JPG

左側面

フルサイズのUSB端子があります。

 

R0011091.JPG

汎用の60W ACアダプターが付属してくるのはいいですねえ。しかもドックで充電するとmicroUSBで充電している時と違い、充電速度も相当速いです。

 

R0011093.JPG

マウスや、キーボードなどももちろん認識します。欲をいえば、横置きできれば嬉しかったのですが、次回作に期待しておきます。

5月にはAndroid4.0へのアップデートも控えていますし、まだまだ楽しめそうです。

ちなみに、このマウスはマッドな質感で意外と使いやすいです。余分な機能がついてない点も評価高いですね。出張用などでも大活躍しています。

tio

0A33956 ThinkPad Tablet ドック

Andorid ThinkPad Tablet 1838CTO Root化 (Root 権限 取る)方法が公開された。

遂にThinkPad TabletのRoot化方法が公開された。XDA等でもちょこちょこ話は出ていたものの、ThinkPad TabletでRoot化する利点が感じられなかった私は試すに至らなかった。(Android 4.0へのアップデートが公式的に約束されている中、Root化する事でアップデート提供を受けられないなどあっては困るからだ)

 

 

しかしながら、Root化で受けられる恩恵がないわけではない。Root化する事で便利になる事は多いのだ。しかし故障しても何しても自己責任だ。

 

 

 

さあ、方法だが

2012年1月22日にDan RosenbergさんのBlogで公開されている。

http://vulnfactory.org/blog/2012/01/22/rooting-the-thinkpad-tablet/

また元となったフォーラムも貼り付けておこう。(彼等の様な技術者への寄付もお忘れ無く)

http://thinkpadtabletforums.com/thinkpad-tablet-root-hacks-mods-and-development/complete-setup-guide-android-sdk-and-adb/

 

 

今の所Windows パソコンを持つユーザのみ対応のようだ。

方法は以下の通り

  1. 最新のADBドライバをWindows PCにインストールする。(参考サイト)(キャッシュ)
  2. ThinkPad Tabletの設定 → アプリケーション → 開発 →  USBデバッグにチェックを入れる。
  3. Root化する為のWindows用ソフトウェアをダウンロードし、解凍する。(キャッシュ)
  4. ThinkPad TabletとWindows PC間をUSBケーブルで接続する。
  5. ThinkPad TabletがWi-fiに繋がっている事を確認する。
  6. ThinkPad Tabletの画面ロックが外れている事を確認する。
  7. Windowsのデバイスマネージャを開き、ThinkPad Tabeletを選択しドライバの更新を行う。この時に指定するのが1のADBドライバ。
  8. ThinkPad TabletがADBデバイスとして接続されているか確認する。
  9. 3でダウンロードし解凍したフォルダを開き、「run.bat」を実行する。

 

素晴らしい簡単さ。これでRoot化され、アプリケーションの中にSuperuser がある事も確認できるだろう。私はまだRoot化する気はないが(メリット的な意味合いで)Root化によってやりたい事があるユーザは上記の方法を試してみると良いだろう。

 

 

しかし、Root化はいばらの道。何かあっても誰も責任などとれない事だけお忘れ無く。