【問題】savefiledialog overwriteprompt bug により2回上書き確認が表示されるバグ

この問題はsavefiledialogのoverwritepromptプロパティ(既にファイルがある場合に警告ダイヤログを表示する)に関するバグです。これは開発者側のバグでは無くMicrosoft側のバグです。

環境:Windows 10 Pro 1809

開発環境:Visual Studio 2017( .NET Framework 4.6.2)

簡単な再現サンプルSource code

実際の症状

この問題はWindows 10 の特定のバージョンでのみ発生しているようです。私と同じWindows 10 Pro 1809(2018/10月)であれば必ず再現するでしょう。この問題は2019/1/10時点では解消されていません。

 

2回上書きメッセージが表示されてしまうので、客先に納品しているプログラムで発生した場合だいぶ恥ずかしい症状です。

アップデートを待つか(既に3ヶ月放置されていますが)、savefiledialog のoverwritepromptプロパティ以外で上書き警告を出して回避しましょう。

【完全解決Firmware Ver2.10】SONYα7RIII_α7IIIのスロット1はSandisk_ExtremePro(SDSDXXG-128G-GN4IN)では動かない 相性問題

 2018-12-18 15時40分

巷で話題になっている「書込中に動作が停止してやむを得ずバッテリーを外すと管理ファイルが破損する」件に関してソニーがファームウェアアップデートを開始しました。

ILCE-7RM3 本体ソフトウェアアップデート (Windows) Ver. 2.10

ILCE-7M3 本体ソフトウェアアップデート (Windows) Ver. 2.10

 

このアップデート内容と一緒に

「他社製メモリカードの一部が本機で認識されないというメモリカードに起因する問題への対応

 

私が記事としていた問題も含まれ、文面は修正では無く「カードに起因する問題への対応」という形でリリースがされました。このカードはα7Riiiやα7iii以外にもBlackmagic Designのカメラなどでも問題があったカードですのでソニー側は調べたうえでカード側にあわせた形のリリースとなったようです。

 

 

実際に私のα7Riiiでもアップデートを行いました。

旧ファームウェアでのSDSDXXG-128G-GN4IN 766G SLOT1読み込みエラー

 

新ファームウェアでのSDSDXXG-128G-GN4IN 766G SLOT1正常読み込み

 

 

ソニー側の対応により問題なく読めるようになっていました。素晴らしい対応に感謝です。手元にα7Riiiが2台あればバージョン違いで速度に違いが出るかなども検証したかったですね。

 

体感では速度の違いはわかりませんでした。またUHS-IIカードだろうがUHS-Iカードだろうが高速なのであまりUHS-IIカードに拘る必要はなさそうです。

※ファームウェアアップデート関係なく、SLOT1にUHS-IIカード,SLOT2にUHS-Iカードを入れた状態で連射してもSLOT1側の書き込みが早く終わるという事もありませんでした。

 

 

いずれにしてもこれで安心してカードを使えますね。購入時は「

風見鶏本店」が出品しているものが安心です。

 

引き続き「書込済みデータが消失してしまう問題(巷で噂のフォーマット問題)」もユーザ・メーカーの間で検証・再現が行え改善につながる事を願います。こちらは私もサードパーティのレンズやストロボを利用し再現できるか試しましたが再現に至りませんでした。もう少し情報が必要ですね。

【速報】Sonyα7Riii_α7iiiの管理ファイル破損に対するファームウェアアップデート提供が決定

私が投稿している

【問題】SONYα7RIII_α7IIIのスロット1はSandisk_ExtremePro(SDSDXXG-128G-GN4IN)では動かない 相性問題

【その後解決】SONYα7RIII_α7IIIのスロット1はSandisk_ExtremePro(SDSDXXG-128G-GN4IN)では動かない 相性問題

 

とは別件ですが、巷で話題になっている「書込中に動作が停止してやむを得ずバッテリーを外すと管理ファイルが破損する」件に関してソニーがファームウェアアップデートで対応するようです。記録済みの撮影データを壊す症状では無いようですので利用者としては安心しました。※書込中データも失われて欲しくはないですが・・

 

■ソニー公式

レンズ交換式デジタル一眼カメラα7R III「ILCE-7RM3」およびα7 III「ILCE-7M3」をお使いのお客様へソフトウェアアップデートのお知らせ

2018年12月7日13時51分現在のキャプチャ

 

 

提供は12月中旬のようです。嬉しい限りですね。

しかしyoutubeなどを見る限り「記録済み撮影データが破損して読めなくなった」という症状も報告されていましたので本件だけで解消できるのか疑問ですね。まずはファームウェアアップデート後のユーザからのフィードバックを待ちましょう。

 

 

ついでに海外リテール版のSandiskカードも回避バッチを当てて使えるようにして頂けると嬉しいです。UHS-IIスロットだけで発生するのですからUHS-Iモード強制指定(SDR104,SDR50,SDR25,SDR12)をメニューでできるようにすれば対応できるのではと思うのですがパソコン的な設定すぎて嫌ですかね。

 

また、別途

α7Riiiにおいて「オートプレビュー機能を使用中に撮影すると操作を受け付けなくなる事がある事象」も対応を予定しているようです。私はこの機能を使っていませんが、使っている人には朗報ですね。