Gechic社製 USB給電 液晶モニタ On-Lap 1301 レビュー【開封の儀】

台湾の GeChic (給奇創造) が、USB給電で駆動する13.3インチのノートパソコン向けモバイルモニタを日本で発売すると発表がありました。ノートに貼りつけて使用できるという全く新しいコンセプトのモニタのようです。発売元はユニティが行い、価格はまだ発表されておりません。今回のモニタはドライバ不要で動くモニタだという事で、MacユーザやWindowsユーザ問わず注目が集まっています。最近ではengadget4Gamerでも取り上げられていましたね。

 

GeChic-OnLap MonitorGeChic-OnLap Monitor-dual monitor

GeChic-OnLap Monitor-presentationGeChic-OnLap Monitor-vertical

 

 

発売前ですし、細かな所がわからない人も多いと思いますので、できるだけ写真や動画を多く掲載しながら解説していきたいと思います。

 

 

 

今回のレビューは3部構成になっているので、欲しい所をつまんで読んでみてください。

 

・開封&仕様解説編

パッケージや仕様など、公式ページに記載されてる事以外に関しても触れていきます。販売元の情報なども

・性能調査&比較編

省エネUSBモニタとして名高いThinkVision LT1421 Wide モニターとの映像比較や、コンセプトの違いについて触れていきます。。

・応用&無茶編

できないとわかっているけど、試したくなる事もあるはずです。無茶を承知で色んな悪戯してみました。新しい応用方法が見つかるかも!?

 

 

まずパッケージです。考えていたよりパッケージは高級な印象です。

DCIM1022

 

 

 

裏面です。

DCIM1028

 

 

パッケージを開けてみましょう

DCIM1036

 

箱を開けると、付属品などがしまわれている薄めの箱が出てきました。

 

 

 

 

 

DCIM1038

付属品は結構多いですね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

On-Lap 1301 日本語簡単スタートガイド(クイックインストールガイド)

On-Lap 1301 日本語マニュアル

(私は感激しました。第5章に「仕様説明」ってあるんですがコネクタのピン配列が記載されてます。)

・アナログビデオインプットケーブル(独自コネクタ→VGAケーブル)

デジタルビデオインプットケーブル(独自コネクタ→HDMIケーブル)

吸盤補助シール(超強力です。)

吸盤(あとで説明しますね)

ケーブルタイ(まとめるときに使うんでしょうね)

USB給電ケーブル(※到着時既に液晶ユニットに差し組み込まれています。)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

吸盤って?っていう人がいるかも知れません。

DCIM1044

 

 

この製品は裏面に吸盤がつけられる構造になっていて

DCIM1056

※本体に吸盤を固定する時はネジで固定できるので安心。そしてよくある安物の吸盤じゃなくて、しっかりとしたタイプです。

 

 

公式ページで例としてあげられているノートに装着して対面式でプレゼンができる!!って説明があるんですが、

GeChic-OnLap Monitor-presentationGeChic-OnLap Monitor-dual monitor

それは吸盤でどんなノートパソコンの裏でも貼り付ける事が可能だからだったんですね。しかも専用の吸盤補助シート(かなり強力)がついていますので、ノートパソコンの天板がどんな加工でも大丈夫そうです。(ただしOn-Lap 1301 は13インチなので11インチなどには貼り付けるのは困難だとは思います)

 

 

 

 

 

さて、付属品の箱をどかしてみましょう。

DCIM1046

緑色の袋が出てきました。よくみる薄っぺらい梱包袋より厚手なので、もしかしたらそのまま液晶入れにしちゃってもいいかも。

 

 

 

 

 

さて、袋から本体を出してみましょう。

DCIM1047

液晶には最初ちゃんと透明な保護シールが貼ってあります。右にボタンメニューが見えますが、実際にはその裏側にボタンがあり前から手探りでボタン操作ができるようになっていました。

 

 

 

 

さて、裏返しっと

DCIM1048

企業ロゴが入っていますね。左に見えているのがさっき説明したボタンですね。裏からは何のボタンかわかりませんが、まあ表からしか操作しないでしょう。

見たままですが、4つ足が付けられそうなところに吸盤をつけられるというわけです。

 

 

 

 

次はコネクタ部分を見てみましょう。

DCIM1052

液晶の下枠(太い方)の一部が、スライド式で外せるようになっていてコネクタ部分が露出します。私的にはココが一番やすっぽい感じがします。他の部分はそこまででもなかったんですが、この枠とコネクタ部分にはもう少し知恵を絞って欲しかったかな。という印象です。

 

 

 

DCIM1054

ただし、VGA端子とHDMI端子のどちらかはパソコンについていますからその汎用性と価格の両立をするには、どこかで妥協しなきゃならなかったんでしょうね。ある意味企業努力の結果なのかも知れません。

 

 

 

スペックなんですが

スペック

 

画像の通りですね。それと担当者にメールでわからない点を質問してみたので興味があるかたは、もう少し下にスクロールを

 

 

 

■質問したり資料より読み取った点

Q1:On-Lap1301の入力解像度は1366 x 768固定ですか?

A1:解像度は最大1366 x 768です。固定ではありません。

 

Q1:テレビのようにスケーラ機能は搭載されていますか?

A1:スケーラビリティ機能は搭載しておりません。

 

Q1: HDCPには対応していますか?PS3などや一部のスマートフォン用に使ってみたいです。

A1:HDCPには対応しておりません。

 

Q1:USBはどのくらいの電力を消費するのでしょうか?USB2.0は通常5V 500mAなので動作するのか不安です。

A1:最大5V 1Aですが、これは最大で実際にはもっと低いです。省エネです。

 

Q1:日本での販売価格はいくらになりますか?USBモニタといえばThinkVision LT1421などがありますがあれは約2万円なのでできれば、それより低い方が嬉しいです。

A1:日本での販売価格は代理店のユニティ様にお任せするので発表をお待ちください。

 

Q1:一般ユーザはどうやったら購入できますか?

A1:代理店ユニティさんの店舗やインターネットショップ等などですが、ユニティ様へ問い合わせ頂くという形で宜しくお願い致します。

 

Q1:この製品を動かすにはパソコン(MacやWindows)にドライバのインストールが必要ですか?

A1:いいえ、弊社の製品の大きな特徴はドライバが要らないことです。WindowsにもMacにも対応しております。ポピュラーなOSシステムに全て対応しています。

 

Q1:GeChic公式ホームページは、中国語と英語でしか表示はできないけど日本で発売後は日本語に対応したりするの?(2011年12月2日時点)

A1:現在日本語ページを、一生懸命まずい日本語でやっておりますので今月中には完成する見込みです。少し時間をくれると嬉しいです。

 

 

結構いっぱい質問投げてしまいましたが、全て返信してくれました。開封の儀式は終わりました。読んでみてわからないことはありませんでしたか?

 

 

 

 

さて、

 

 

 

次は性能&比較編行ってみましょうか!?

DCIM1066-2

応用&無茶編ではBF3を動作させてみたり・・・

 

 

2011年12月11日追記:

ヲチモノさんで、綺麗な写真でレビューがされていました。

 

いきあたったらばったりさんで、XBOX360やGalaxy NexusやLumix G3などとの接続などもレビューされていますね。

後は・・値段ですね。

 

 

NEW !!

Amazonでも販売していました。

親日な台湾のGechic社製USB給電液晶On-Lap1301レビュー予告【日本発売間近】

台湾といえば親日のイメージが強いですが、今日は非常におちゃめで好意的な方からメールを頂きました。

台湾にあるGechic(給奇創造会社)という会社の方からでした。

 

 

 

内容的には

新製品ができたので、日本に発売しようと思うのだけれどできたらレビューを書いてみてくれませんか?

それもなんと日本語でメールが送られてきました。

 

 

 

今までも国内国外問わず、色んな会社からレビュー依頼を頂くことはあったのですが酷い所では、お金を出すから良く見えるふうに記事を書いてくれだの。

色んな注文が多かったのですが、正直「それってレビューの意味がないじゃない」と断ってきたものが大半でした。

 

 

 

 

だって私は私が使いたい製品を購入して使ってみて「酷いものは酷い。

良いものは良い」と言いたくて使った物の感想を書いてるだけですから。

しかし、今回のGechic(給奇創造会社)さんは違いましたね。

 

 

 

 

 

 

Blogには正直なレビュー感想を掲載していただければ、ありがたいと存じます。

 

 

良いですよね。なんかこう自社の製品の良さを押し付けるんじゃなくて、使って頂ければ良さがわかってもらえる自信があるんだ。って感じがすごく伝わってきました。モノつくってる会社って感じがします。もちろんレビュー自体はいつもみたいに軽~い感じで厳しくレビューをするつもりですが少なくとも担当者の方は好きになりました。一生懸命、私の日本語メールを理解してくれて返事も日本語で返してくれるんだもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

届いたらさっそくレビューしてみたいと思いますので、USBモニタを含む汎用モニタをお探しの方いましたらもう少しお待ちください。

今月の10日前後にはレビューのせられると思います。前回購入していたThinkVisionなどと比較しながらレビューしつつ応用方法も見つけていきたいですね。

 

 

※海外のサイトに大きな画像もありました。ノートの裏には何でくっついてるのかな?吸盤かな?でも見た目シンプルで良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに大雑把にいうと、USB電源で稼働しつつHDMIやアナログVGAなどの入力端子も備える液晶ディスプレイです。

(製品情報(仕様)は頂いてますが、まず使ってみてから発表しますね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の代理店はASUSなどの製品を卸してるユニティさんのようです。まだ発表前ですが、非常に面白い商品である事に違いはありません。できればユニティさんにはどこか店舗にでもおいて欲しいですけどね。私の親父の世代には確実にウケると思いますし、いまゲームやスマフォを使ってる世代に対しても宣伝次第では買ってもらえそうな気がします。まあ、日本での販売価格が肝ですね。

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日本語で製品ページを制作中の担当者とのメールのやり取りを少々掲載

 

私の質問8「GeChic公式ホームページは、中国語と英語でしか表示はできないけど日本で発売後は日本語に対応したりしますか?製品がいくら良くてもリンク先が中国語だったり英語だったりするとそれだけで拒否反応示しちゃう一般ユーザも日本では多いと思いますよ。

 

 

Gechic担当者「返答:現在日本語のホームページを作成中です。僕が一生懸命まずい日本語でやっておりますので、今月中完成する見込みです。少し時間をくださいませ。完成したら、別途連絡させていただきます。因みに、僕が現在デュアルモニターで返信のメールを書いております。ばたばたの返答で、申し訳ありません。

 

 

 

 

なんかこの担当者さんいいなあ。

 

 

製品はまだ届いてないですし、もちろんレビューは辛口で思った事を書かせてもらいますが、なんかこう応援したくなるような企業さんですね。(変わった商品という意味でも、人柄的にも)

 

 

平成23年12月6日追記

Engadget JapanでもOn-Lap 1301の発売が発表されたようです。

当ブログでも、読者が得たい情報がそれぞれ異なると思いますので細分化して掲載しようと考えています。今の所以下の様に掲載予定です。

 

開封編

付属品類や寸法やパッケージ及び価格帯に関して

 

性能編

ThinkVision LT1421 Wideとの比較や低電力状態での挙動などを含め、設置角度など

 

応用編

Windows PC・PS3・スマートフォン・ThinkPad Tabletとの接続実験などや同社製スタンドブリック(Stand Bricks)の紹介

 

 

平成23年年12月11日日追記:

レビュー記事を投稿しました。

 

今回のレビューは3部構成になっているので、欲しい所をつまんで読んでみてください。

・開封&仕様解説編

パッケージや仕様など、公式ページに記載されてる事以外に関しても触れていきます。販売元の情報なども

・性能調査&比較編

省エネUSBモニタとして名高いThinkVision LT1421 Wide モニターとの映像比較や、コンセプトの違いについて触れていきます。。

・応用&無茶編

できないとわかっているけど、試したくなる事もあるはずです。無茶を承知で色んな悪戯してみました。新しい応用方法が見つかるかも!?