T420s NVS4200M 最新ドライバ NVIDIA VERDE R295 DRIVER Windows エクスペリエンス インデックス 値

T420sはスカイリムでさえ動作する化け物ノートだったわけですが、今回のNVIDIAの新しいドライバによって

6835856295_5af14c16b1

R295ハイライトの概要
以前のWHQLドライバ以来の新しい機能と性能

  • 「Steam史上最速で売れたゲーム」と言われるザ・エルダースクロールズV:スカイリムにおいて、最大45%に達する性能の向上がゲームを一変させます。
  • SLI技術により、マスエフェクト3での性能が最大2倍に。
  • コール・オブ・デューティー:モダン・ウォーフェア3ディアブロIIIおよびザ・エルダースクロールズV:スカイリムのためにアンビエントオクルージョンをサポートする、GeForceならではの品質の向上。
  • 50以上のタイトル用に新しい3D VisionとSLIプロファイル。
  • アリス:マッドネス・リターンズやバットマン:アーカムシティなどの人気PhysXタイトルで最高の体験を可能にする新しいPhysXソフトウェア。

R295の新機能

性能

その他

  • GPUコンピューティングの多言語およびAPIに対応:CUDA C、CUDA C++、CUDA Fortran、OpenCL、DirectCompute、Microsoft C++ AMP。
  • 3-way SLI、Quad SLI、SLI認証IntelおよびAMDマザーボードでのSLIサポートを含むDirectX 9、DirectX 10、DirectX 11、OpenGL上でのシングルGPUおよびNVIDIA SLIテクノロジに対応。

 

などの性能向上が見込めるそうで、さっそくアップデートを行ってみました。

 

アップデート前のスコア(T420s購入時プリインストールドライバ)

NVS_4200M

 

VERDE R295 DRIVERアップデート後のスコア

NVS_VERDE_R295_DRIVER

 

あがった!?

 

ええええええええええええええええええええええええええええ

 

 

下がった~~~~~~~~~

 

 

 

いや、待てよ。ゲーム用グラフィックスは上がってるぞ。なるほど

 

 

なるほど

 

 

 

 

なるほど

 

 

 

 

なるほ・

 

NVIDIA ドライバダウンロードページへ

 

 

スカイリムが快適にできるんだね。きっと

 

そういえば、XBOX360コントローラがスカイリムで使えるって知ってました?私は昨日知りました。

 

ThinkPad SATA ハードディスクドライブ・ベイアダプター3 43N3412 レビュー (Thinkpad T420s)

実は既に

T400s とThinkPad SATA ハードディスクドライブ・ベイアダプター3(43N3412)

というレビューで非常に詳しくレビューされている方がいらっしゃいますが、今回はThinkPad T420sでの使用を前提に書いていこうと思います。

 

R0011071

2012/01/31にLenovo直販で注文し2012/02/08に箱が届いた。

R0011072.JPG

ハードディスクドライブ・ベイアダプターと説明書だけが入っている。そもそも他には要らない。

R0011073.JPG

意外と重量感があります。重さは81gありました。

R0011074.JPG 

アダプタに内蔵できるHDDですが、T420sの場合であっても7mm ~ 9.5mmのHDDやSSDが内蔵可能となります。(Lenovoに確認済み)

R0011076.JPG

T420sに予め内蔵されていた 45N8145 (7mm版 intel SSD 320 160GB)を内蔵してみるとだいぶ高さに余裕があるようです。まあ7mmなので余るのは当たり前ですが・・・

ちなみにセット後の重さは157gです。

R0011075.JPG

別角度から撮影

R0011079.JPG

最初から内蔵されていたDVDスーパーマルチドライブと一緒に撮影。少なくとも家以外で光学ドライブを使うことはあまりありませんのでベイにはバッテリやHDDなどを入れて使うのが良いでしょうね。もちろん軽量化を狙いダミードライブを入れても良いでしょう。

6846615597_bed1390308_o

ThinkPad T420sではこのベイアダプター類を外すことも簡単になりました。ロックスイッチをスライドさせて、この間にインジェクターをずらす方法で簡単に取り外しできます。

 

ちなみにT420sの場合ですが、内蔵がSATA3なのに対してベイはSATA2です。(Lenovo確認済み)

 

ベンチマークもおこなってみました。

まずは内蔵のSATA3接続時の45N8145 (7mm版 intel SSD 320 160GB)

(参照:SSD Intel 320 VS CT256M4SSD2 ベンチマーク)

 

ThinkPad SATA ハードディスクドライブ・ベイアダプター3 43N3412 (SATA2)接続時の45N8145 (7mm版 intel SSD 320 160GB)

INTEL SSDSA2BW160G3L_43N3412

スコアが下がると思ったら逆にあがってますね。これは恐らくシステムドライブとして使用していないフォーマット直後の状態だから良いスコアがでるのでしょう。ベイ用にはSATA2 SSDか大容量HDDなどがよさそうですね。

ThinkPad T420s SSD Intel 320 VS CT256M4SSD2 ベンチマーク

ThinkPad T420sは薄型で搭載できるSSDも7mmのものに限られる。今のところLenovoが標準で搭載しているSSDはIntel 320(SATA2)だしせっかくだからSATA3対応のSSDにかえてあげたい。

 

 

そこでCrucial製の SSD M4 256GBモデル(CT256M4SSD2)を購入しました。

これから購入される方はファームが更新されているはずなので、これから導入という方は最新のファームへ更新することをオススメ致します。

 

 

今までThinkPad X200などでも東芝SSDなどを使用していました。それでも速いと思っていましたが容量面では満足できるものではありませんでした。

TOSHIBA THNS064GG2BBAA

TOSHIBA THNS064G

 

そして、ThinkPad T420s 直販モデル160GB SSD

INTEL SSDSA2BW160G3L

intel 320 Series SSDSA2CW160G3K5

 

いま考えてみると、これでも満足な速度ですし容量なのですが人間というのは欲が出てしまいます。

 

m4

Crucial CT256M4SSD2

 

 

 

起動時間ですが、電源断状態からスタートアップに登録してあるChromeが起動するまでのタイムを測って見ました。

 

intel 320 Series SSDSA2CW160G3K5

56秒

 

Crucial CT256M4SSD2

37秒

 

なぜかグラフィックスコアも改良されたWindows エクスペリエンス インデックス

kyo

 

なぞは深まるばかりだ。。。

現在Skyrimインストール中